WordPress レッスンブック 3.x対応

こういうときはアフィリエイトのリンクを貼るものなんでしょうが……

書店に平積みされているだけあって、とても読みやすく、わかりやすく書かれています。オリジナルのテーマを一から作り上げてしまおう、徐々に作り込んでいこうという方法論で書かれています。

たぶん、こういうのはアジャイルな開発方法というんでしょう。

空の index.php と style.css ファイルを用意して、そこに一つ一つ書き加え、書き直していきます。一冊の終わりまでやれば、最低限、ブログや静的ページを表示できるテーマができあがります。コードの追加・修正箇所とともにスクリーンショットもあるので、パソコンなしに本だけでも何をやっているのかわかります。

慣れている人なら、数時間で読めてしまうかもしれません。もっとも、そういう人にはこの本は必要ないかもしれません。私は2日ほどかけて目を通しました。

WordPress が「テーマ」を介して、どのようにウェブサイトを表示しているのかわかります。WordPress のシステム、PHP、HTML、スタイルシートの関わりが見えてきます。

一通り通読すると、WordPress Codex 日本語版 や標準のテーマ Twenty Ten / Twenty Eleven が読めるようになっている…かもしれません。

(2011/8/15)

投稿者: librarian

http://makisima.org/ の librarian です。マキシマ文庫=書斎 の主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください