カテゴリー
Uncategorized

Windows8.1に更新、パスワードを思い出せ

ファイル置き場にしているパソコンがWindows 8で、リモートデスクトップで使っていたのですが、パスワードを忘れたままWindows 8.1 にアップデートしてしまいました。最終的にはパスワードを思い出せたのですが、初期化・リカバリーするはめになるかと焦りました。

マイクロソフト・アカウントを設定していなくてもストアの更新の画面になり、Windows 8 → 8.1 がダウンロードできてしまうんですね。リモートデスクトップで Windows 8 にログインしたら 8.1 へのアップデートになって、キャンセルボタンもないので、促されるままに、ハイ、ハイとボタンを押していったら 8.1 へのアップデートが実行開始されてしまいました。(メインのマシンの方では、どうにかしてアップデートの画面をキャンセルできたのですが、どうやったのか思い出せません。ウィンドウを引きずり下ろしたんだったかな?)

ダウンロードが始まり、メインのマシンで作業していて、気がついた頃にはリモートデスクトップ接続が切断されていました。リモートデスクトップでは接続不能だったので、ローカルにキーボード、マウス、画面をつないだら、エンド・ユーザー・ライセンスの画面になっていました。OK、初期設定(オンオフ)などがあって、(ローカル)アカウントのパスワードを入れろと。覚えてません(ヒントもなく)。いろいろな文字列を何度も何度も試してダメでした。画面下の方の「別のユーザです」扱いにしてくれというボタンがあるのに気づいて押したらアップデート自体は進み、その後、リモートデスクトップからは入れるようになりました。

などを眺めて、リモートデスクトップからパスワードを削除(変更)しようとしたら、 現在のパスワードが要求されて先へ進めません。ネットワーク接続でログインしているのであって、ローカルに直接操作していないのだから、当たり前といえば当たり前の制限です。システムを初期化するのは嫌だなと思いつつ、ローカルのキーボード・画面でサインインを試みようとしたら、パスワードのヒントが表示されました。このヒント自体、意味がつかめないように書いておいたので解読を試みつつ、何度も何度も再試行。やっとのことで分かりました。パスワードの回数制限がなくて(または制限未満で成功して?)助かりました。

こんどは紙に書いてしまっておきます(これも暗号化しておけば安全かな… この紙があるところまで立ち入る人はいませんけど)。

(2013/11/21)

追記

Windows TIPS:パスワードを忘れたWindows 7/8/8.1にログオン(サインイン)する – @IT

(トリッキーですが、こんな方法もあるそうです)

(203/12/23)

カテゴリー
Uncategorized

TeXworksにplatexを設定

とりあえずでいいからと TeX Live 2013 を無設定で使っていたのですが、TeXworks から日本語がうまく扱えませんでした。コマンドラインで使う分には問題ありませんしね。その設定方法が「美文書作成入門」(第6版)に載っていました。

  • 奥村晴彦・黒木裕介、「[改定第6版] LaTeX2e 美文書作成入門」、2013/11/25 第一刷発行、技術評論社

§2.5 「日本語のテスト」(p.24) のエラーメッセージ

! LaTeX Error: This file needs format ‘pLaTeX2e’ but this is ‘LaTeX2e’.

が表示される場合の対処方法。付録A.2 「Windowsへのインストールと設定」(p.333) より

タイプセットを自分で一から設定する場合、下の「タイプセットの方法」で[+]ボタンを押し、名前「platex(ptex2pdf)」、プログラム ptex2pdf を入れ、引数は[+]ボタンを押して「-l」を加え、さらに[+]ボタンを押して「-ot」を加え、さらに[+]ボタンを押して「$synctexoption -kanji=utf8」を加え、さらに[+]ボタンを押して「$fullname」を加えます。「実行後、PDFを表示する」がオンになっていることを確認し、[OK]を押します。[↑]ボタンを何度か押し、この「platex(ptex2pdf)」を一番上に持っていきます。

これでコンパイルできました。(引数は謎ですが、追い追い解読できるようになるでしょう)

(2013/11/2)

(追記)

設定方法について詳しくは、

(2014/8/23)