PCが起動しなくなった

PCが起動しなくなったので、とりあえずメモ。

2008年1月初頭の Windows update で、「2018-01 x64ベースシステム用Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム(KB4056892)」が適用されて再起動を要求され、青い旗のウィンドウズの画面でフリーズしました。その後、リセットボタンを押しても、電源ボタンを押しても長押ししても、反応せず、BIOS画面に至らず、再起動(ブート)できない状態になりました。

自作PCの電源ユニットが壊れたのかと思って新品を購入し、交換したところ、起動はして、「修復を試みています」の自動修復の画面を経て、Windows 10 へログインはできました。更新の履歴を見ると、「2018/01/06 で実行した前回のインストールが失敗しました – 0x800f0845 」との表示。しばらくすると、また更新画面で再起動を要求されていたので、スタートボタンからの再起動を実行しても、更新画面での再起動の要求はそのまま残っていました。

そこで、更新画面からの再起動を実行したところ、再起動すぐ後の青い旗の画面でフリーズしました。またしても、リセットボタンでも電源ボタンでもBIOS画面に至らず、再起動できない状態になりました。ケース裏のAC100V入力の電源スイッチを切って強制的に電源を落としてから、ケーズ表の電源ボタンを押してもブートしませんでした。AC100V のケーブルを引っこ抜いてしばらく放置し、それから電源ボタンを押したりリセットボタンを押したりしたら、BIOS画面を経て、青い旗の画面、「修復を試みています」等の表示を経て、Windows 10 へログインできました。

また、「2018/01/06 で実行した前回のインストールが失敗しました – 0x800f0845 」になっています。その後、更新画面からの再起動で、またブート不能になってしまうわけです。

「 KB4056892  0x800f0845 」 で Google 検索すると、英語や各国語のページがヒット。古めのAMDマシンでこのような不具合が発生しているようです。日本語では、

ここくらいのようです。Microsoft の対応待ちというところでしょうか。

なお、当方のパソコンの仕様は以下の通り。

  • CPU: AMD Athlon Dual Core Processor 5050e,  2.61 GHz
  • マザーボード: ASUS M3A78 PRO
  • メモリ: 8.00 GB
  • Windows 10 Pro, 64 bit
    • バージョン 1709, OS ビルド 16299.125

(2018/1/7)

(追記)

マイクロソフトがパッチを一時停止といっていますが、再起動してしばらくすると、また自動アップデートされて、ブートしない状態に陥っているように見受けられます。更新を削除しても、また適用されてしまうんですよね。どうしたものやら。 (2018/1/11)