Windows 8 Pro の環境を整える

昨日の Windows8 Pro アップグレードを入れてみた の続きです。Windows 7からWindows 8への環境以降に関する自分用の備忘録です。

Windows 7 で使っていたテーマや壁紙のある場所

  • 旧C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Microsoft\Windows\Themes\ の拡張子 .theme とサブフォルダ
  • 旧C:\Windows\Web\Wallpaper\ の拡張子 .theme とサブフォルダ
  • 旧C:\Windows\Web\Wallpaper\ のサブフォルダの .jpg

ガジェットはWindows 8で廃止されました。小細工をすれば使えるようですが、少々面倒です。後回し。私が使っていたのはCPUやネットワークの使用状況です。タスクマネージャーを起動させておけば、通知域にマウスオーバーでCPU、メモリ、ディスク、ネットワークが何%か数字で表示されます。当分はこれで代用します。

地震通知にSignalNow Express。

  • 高度利用者向け緊急地震速報専用受信ソフトウエア:SignalNow Express  「ストラテジー株式会社 – SignalNow Express ダウンロード」 http://www.estrat.co.jp/download.html

.NET Framework 3.5 をインストールする必要があります。都道府県を指定、震源地マグニチュード6以上、所在地推定震度3以上に設定しました。デフォルトは、千葉県、マグニチュード10.0以上、予想震度3以上。

強震モニタ(URL)を「ピン留め」(ショートカットを作成、ツールバーにドロップ) (Firefoxの場合、いったんフォルダにショートカットを入れ、名前を適当に変更、そのショートカットをピン留めしたほうが表示名でわかりやすくなります。2014/1/6 追記)

ツイッターでは地震速報のボットをいくつかフォローし、震度が大きいものの新着時にTweenで音を鳴らすようにしています。音が鳴ったときに強震モニタを開くと、地震の伝播が視覚的にわかります。

EPWING辞書

MS Office Professional 2010 には32ビット版と64ビット版があり、互換性から32ビット版が推奨されています。64ビット版は大きな数を扱うときに有利とのこと。もともと iTunes と Outlook との連携が目的だったので、32ビット(デフォルト)を選択。

なお、後継バージョンの 2013 は現在プレビューを公開中、発売予定日は2013年2月7日で、数量限定の優待アップグレード版の予約も始まっています。Windows 8との相性が良くなっているそうです。(Access の住所録データベースをほかのシステムに移植すればPro版はいらないのだけれど…どうにかしなければ)

iTunes

に従って行います。大雑把には、旧システムで”マイミュージック”以下にiTunes関連データを集約して外部HDDに一時的にコピー。それを新システムの”マイミュージック”以下にコピーしてiTunes起動。旧システムの認証は解除しておく。新システムでは認証取得。Outlookと同期するように設定変更。

――といったことをしていたら、パソコンの電源が切れなくなりました。何が起こっているのかわかりません。このまま原因を探ろうとするとエンドレスなので、また明日以降です。

(2013/01/24)

投稿者: librarian

http://makisima.org/ の librarian です。マキシマ文庫=書斎 の主。

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です