WordPress のバックアップ

WordPress をバックアップするには

ファイルのバックアップ

WordPress 全体(またはサイト全体)を FTP (に相当する方法)でバックアップ先にコピー(ダウンロード)

データベースのバックアップ

MySQL データベースを phpMyAdmin でバックアップ

  1. WordPress サイトの情報を保持しているテーブルだけを選択します
  2. “Add DROP TABLE” ボックスにチェックを入れます。
  3. “Complete inserts” ボックスにチェックを入れます。
  4. “Save as File” ボックスにチェックを入れます。
  5. 圧縮には “None” のチェックを入れます。データベースが巨大なら圧縮します。
  6. Go をクリック。データが自分のコンピュータに保存されます。

と、「WordPres のバックアップ」には書いてあるが、

のほうが詳しい。(以下、抜粋)

  1. サーバー上の phpMyAdmin にログインします。
  2. ログイン後のメイン画面から、WordPress のデータベースを選びます。
  3. 次のページでは、WordPress データベースに含まれるテーブルの一覧が表示されます。画面上部のタブで、「エクスポート」をクリックしてください。
  4. エクスポート画面の左上にあるリストボックスに、ステップ2で選択したデータベース内のテーブルが全て表示されているはずです。(「全選択」するか個別に選択)
  5. 「SQL」ラジオボタンをオンにします。
  6. 画面右上の「オプション」セクションで、以下のチェックボックスをオンにします。
    • DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION を追加
    • IF NOT EXISTS を追加
    • AUTO_INCREMENT 値を追加する
    • テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む
  7. さらに下のセクションでは、「データ」(見出し)以外のチェックボックスは外しておきます。
  8. その下で、「ファイルで保存する」のチェックボックスをオンにします。「ファイル名のテンプレート」はそのままで構いません。
  9. 圧縮タイプを選び、「実行する」ボタンをクリックし、ファイルを保存しましょう。(圧縮タイプは好みで、無圧縮でも可。保存先に単体ファイルとして保存される)
  10. これで、WordPress サイトの投稿、固定ページ、コメント、設定などのバックアップが完了しました。

(2010.11.10)

投稿者: librarian

http://makisima.org/ の librarian です。マキシマ文庫=書斎 の主。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください